【2020年を振り返ろう】ゲーブラライター『推しゲー』グランプリ!

この記事は約7分で読めます。
スポンサーリンク

【『推しゲー』グランプリ】 の季節がやってまいりました!
2020年、今年も沢山のゲームが発売されましたね。みなさんも心に残ったゲームがきっとあるはず。

ゲーブラ 毎年年末恒例の企画!
ゲーブラライター達の心に残ったゲームを紹介!


あつまれ どうぶつの森

発売日:3月20日  ハード:Nintendo Switch

ユウト33
ユウト33

巣ごもり需要の効果もあり一躍大ブームとなった「あつ森」が今年の推しゲーです!

今回のあつ森がスゴイと思った点は、限られたリソースで効果的にSNSの拡散を狙う仕様にして、狙い通り大ヒットさせたこと。

シリーズを重ねるごとにリソースは肥大化していくので、開発コスト的にもそうせざるを得なかったのかもしれませんが、歴史あるシリーズ特有の開発コスト肥大化問題への対応として、ご時世的にもかなりベストな選択だったと思います!

とはいえ、がっつり遊びたいゲーマー的には今作の方針転換による不満も多々あるので、これからのアプデや次回作ではさらに進化したどう森を期待したいですね!

まさ
まさ

やっぱり今年一番遊び、思い出にも濃く残ったあつ森を推しゲーとします!

子供から大人まで誰でも楽しめる作品ですね。うちのおかんも遊んでいますが、今もめちゃめちゃハマっています。

島クリエイターの自由度の高さは勿論、今までのどうぶつの森シリーズの何倍も個性を出せるゲームで、色んな人の島にも気軽に行けたり、何でも出来るゲーム。

今の子供たちが、このゲームを遊べるのが贅沢ですね。想像力を豊かに、誰でも楽しめるゲームの一つです。


原神

配信日:9月28日  ハード:Windows/iOS/Android/PS4

ソーヤ
ソーヤ

「新世代オープンワールドRPG」と謳っていますが、本当にその宣伝に恥じない作りこみに驚かされたタイトルです!

オープンワールドのマップは、細かくレベルデザインされていてベースがしっかりとしており、寄り道が捗っていったい何十時間探索したことやら?豊富なキャラクターは、キャラデザインがとてもよく、動かしていて楽しいし、「元素反応」というそれぞれ持っている属性を活かしたバトルが面白いのもあって、キャラクターを切り替えながら戦う意味がしっかりとあるのがとてもよくできているなと思う部分です!

定期的なアップデートで積極的にイベントが開催されていたり、今のトレンドを取り入れたシステムも多数あることから「新世代」に相応しい出来のゲームであると認めざるを得ないですね!

今後の展開に期待しながら、来年もプレイしていきたいです!

ひえみず
ひえみず

ついに、いわゆるソシャゲを推しゲーにする時が来てしまいました。

ゼルダの伝説BotWをコピーしたような内容ではないかと思いながら何となく遊び始めましたが、ソシャゲとは思えないコンテンツ量・ゲーム内容の作り込みにビビりました。

こんな事思っている人は自分位のような気がしますが、何となく、全体の雰囲気は「ゼノブレイド2」に近いと思いました。

メインクエストは割とアクション性高めのアニメーションが流れたり、フィールドが広大だったり、キャラクターを切り替えながら戦闘するシステムなど… グラフィックもアレに近いような気がします。

結構運営陣もユーザーの反応に気を配っていて、不具合とか要改善点は迅速に対応するイメージがあります。

あと、アップデート頻度も高いです。

ソシャゲと思って軽い気持ちで手を出すと、これは沼です。

「開発費の暴力」を感じます。

…本当は、去年発売されていたゲームもオッケーなら、「SEKIRO」を推していました。


Half-Life: Alyx

発売日:3月23日  ハード:Windows

こま
こま

あのHalf-Lifeの新作がVRで遊べる!

VALVE INDEXコントローラーを使えば、指を動かして物が掴める!

物を拾う時に、手をクイッてすると物を引き寄せて拾えるのが超便利!

これからVRを遊ぶ人には、必ずプレイして欲しい一本!


ゴースト・オブ・ツシマ

発売日:7月17日  ハード:PS4

ぽけ
ぽけ

SIEさんよぉ…PS4末期にこんな隠し玉を用意していただなんて恐るべし…!

馬に跨って広大なフィールドを闊歩しているだけでも楽しいのに、戦闘自体もほどよい駆け引きが心地よくて、全てにおいて高水準に仕上がっています。

これからSIEから発売されるPS5ソフトの基準がワンランク、いやスリーランクぐらいは引き上げられましたね(笑)


ゼルダ無双 厄災の黙示録

発売日:11月20日  ハード:Nintendo Switch

イッキ
イッキ

ブレスオブザワイルドと無双どっちを遊んでいるか分からなくなるほどのちょうどいいさじ加減で混ぜた作品。

ただ、他の無双作品に比べると敵の攻めが控えめに感じました。

もっと拠点とか占拠してきていたような気がするなぁ。

また、ブレスの探索ととにかく目標に向けて突き進むスタイルが合わないこともありましたが、ブレスオブザワイルドの世界観が好きな人ならきっと面白いと感じるはずですのでぜひ。


ファイナルファンタジーVII リメイク

発売日:4月10日  ハード:PS4

アジャ
アジャ

1997年にPSで発売されたFF7のストーリー序盤のミッドガル編をリメイクした作品です。

発売前は延期や分作して発売するという発表により物議をよびましたが、実際にプレイするとしっかりFF7らしさが残されていて原作ファンも文句なしのリメイクでした。

ミッドガル編は原作だとほんの数時間で終わるところを今作はクリアまでに50時間近く必要とするまでボリュームアップしているのは素直に感心しました。

さて、続編はいつ発売するのでしょうか…。


ポケットモンスター ソード・シールド 鎧の孤島 / 冠の雪原

配信日:6月17日/10月23日  ハード:Nintendo Switch

あきかん
あきかん

ポケモン初の追加DLC。

今まで、マイナーチェンジ版として発売していたものを 今世代では追加DLCとして発売しました。

もう一度ポケモンを育てなおして、ほとんど同じストーリーを遊んで…といった 煩わしさから解放されただけでも、既存プレイヤーはとても嬉しいです。

また、いつでも一定数の人たちが遊んでいるネット対戦においても、 ポケモンの追加によって、 環境の変化が起こるので飽きずに楽しめる工夫になっていると思います。

今の時代に合ったとてもいいコンテンツです。


モンスターハンターワールド:アイスボーン

発売日:2019年9月6日  ハード:Windows/PS4

大好きなモンスターが本当に綺麗な映像の中で動くのでモンスターハンターファンからすればワクワクする作品だと思います。

新しいモーションも追加されて旧作までと同じと思ってプレイしない方が良いです。


ポケモンカフェミックス

配信日:6月23日  ハード:Nintendo Switch/iOS/Android

だい ほっしー
だい ほっしー

ポケモンをぐるぐると回して、同じポケモンを多くつなげて料理を作るパズルゲームです。

ポケモンのパズルゲームですが進めていくと大人でもよく考えないと進めれず、アップデートにより当時するポケモンやメニューが追加されるのてやり込み要素は満載です。

ゲームに登場するポケモンはデフォルメされており、個人的に好きなデザインです。 また、リアル店舗のポケモンカフェ(東京・大阪)とコラボされており、ゲームに登場するメニューやポケモンのグリーティングがあり、ゲーム内の世界観を楽しむことができます。

Switchとスマートフォン(iOS・Android)向けにリリースされており、どなたでも遊びやすいゲームなのでオススメです。

   
あきかん
この記事を書いた人

こんにちは。
よろしくお願いします。

あきかんをフォローする
   
アジャ
この記事を書いた人

フォートナイト/Apex/FF14/アサシンクリードが大好きマン。

あきかんをフォローする
   
イッキ
この記事を書いた人

任天堂が好きな人。カスタマーサービスの人と呼ばれることもあるらしい。

あきかんをフォローする
   
98
この記事を書いた人

ゲーブライチのバイク好き

あきかんをフォローする
   
こま
この記事を書いた人

イラストレーターを両立しながらライター(絵師)もやっています。

あきかんをフォローする
   
ソーヤ
この記事を書いた人

コンテンツの“渦“の中で生きています。

あきかんをフォローする
   
だい ほっしー
この記事を書いた人

ジョウト出身カントー在住のポケモンファンです。

あきかんをフォローする
   
ひえみず
この記事を書いた人

エオルゼアの沼に浸る20代一般男性です。

あきかんをフォローする
   
ぽけ
この記事を書いた人

ゲーブラを作った人。早寝早起きが得意。

あきかんをフォローする
   
まさ
この記事を書いた人

音楽好きなちょいゲーマー。ゲーブラまとめ役。

あきかんをフォローする
   
ユウト33
この記事を書いた人

ゲームと映画が好き。あとトマトに目がないです。

あきかんをフォローする
ゲームコラム
スポンサーリンク
ゲーブラ

お気軽にコメントをどうぞ!