【フォートナイト】エモートの元ネタを見てみよう その2

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

世界的に大人気のTPSバトルロイヤルのフォートナイト!

今回もエモートの中からいくつかピックアップして元ネタの紹介をしていこうと思います。
(※動画は全てYouTubeからの拾い物です。)


クラビー

実装時期:シーズン9  500V-Backs

【フォートナイト 】エモート「クラビー」15分耐久【Fortnite】
Noisestorm – Crab Rave [Monstercat Release]

こちらのエモートはYouTubeに2018年の4月に投稿されたCrab Raveというミュージックビデオが元ネタになっています。

Crab RaveはアイルランドのDJ兼音楽プロデューサーのNoisestorm氏による楽曲で、エイプリルフールネタとしてEoin O’Broin氏がエピックゲームズのアンリアルエンジンを使用しこのミュージックビデオをプロデュースし作成しました。
そしてYouTubeに公開後たちまちネットミームになり人気を博しました。

オレンジジャスティス

実装時期:シーズン4 バトルパス

【フォートナイト】オレンジジャスティス1時間耐久【ORANGE JUSTICE】
The REAL Fortnite Boogie Down Winner: Orange Shirt Kid (Original)

こちらのエモートはオレンジシャツキッド君がエピックゲームズ主催の「ブギーダウン・コンテスト」というダンスコンテストに投稿したダンスが元ネタです。
このダンスが投稿されるやいなや、海外でのツイッターや海外のコミュニティサイトRedditなどで一気に広まり話題となりました。

コンテスト優勝者のダンスはエモートとしてゲーム内に実装されるというものでしたが、
実はオレンジシャツキッド君のダンスは優勝どころかノミネートすらされていませんでした。
それを知ったコミュニティのプレイヤー達は優勝者を彼に変えようという署名活動をするまでに発展し、
それを見てエピックゲームズはサプライズとしてまさかのエモートとして実装しました。

ちなみに優勝者のダンスは「ブギウギ」として、エピックアカウントの2段階認証を設定したプレイヤーに配布されています!

インテンシティ

実装時期:シーズン5 800V-Backs

フォートナイト インテンシティ作業用
The original Technoviking video.
1分あたりから!

こちらのエモートはベルリンで毎年行われているラブパレードというイベントにて踊っていたオリジナルダンス動画が元ネタになります。

ラブパレードとは多数のフロート(サウンドシステムを積んだトレーラー)を中心に参加者が踊り、練り歩くイベントです。
終盤には戦勝記念塔下に集まり、ファイナルギャザリングでのDJプレイでクライマックスという流れになってます。
それにしてもキレッキレの動きですね…。


こうやって元ネタを探すと色々知ることができて面白いですね!

それでは次回も3つ紹介していきます!

お気軽にコメントをどうぞ!