FF14、新拡張パッケージ「ENDWALKER」をついに発表! ざっくり内容をまとめてみた

この記事は約8分で読めます。
スポンサーリンク

ついに、この時が来ました! ファイナルファンタジー14の新しい拡張パッケージ、バージョンで言うと「6.0」にあたる、「ENDWALKER」についてスクエニ公式よりリリースの発表が出ました。

本来であればFF14のファンフェスティバルでこちらの内容は発表予定だったはずのですが、コロナ禍によりファンフェスは中止。無観客の状態で「新情報発表会」として本情報は公表されました。

さて、お昼ごろはツイッターの上位トレンド1~20位をすべて掌握してしまった、話題の「ENDWALKER」。その発表内容をざっくりと振り返っていきましょう。情報の内容については…正直、各メディアの記事のほうがよくまとまっているので(投げやり)、個人的なコメントとか感想とか交えながら紹介します!


「ENDWALKER」のティザートレーラー公開!

いつものファンフェスの恒例。 拡張パッケージのティザートレーラーの映像が今回も出だしから出てきました。
毎回主人公のジョブがトレーラーのムービーで変わるので、今回も注目されていましたが、御覧の通り「ナイト」でした! 正直予想が当たっていたのでうれしかった。長く続いてきた物語の結末、ということで、王道のナイトを選んだということでしょう。
それにしてもトレーラーのメインジョブ、かなりタンクが優遇されているよね。(登場済み:戦士、暗黒騎士、ナイト) やっぱりPTを率いる存在として、主人公に最適なのでしょう。
一度ぐらいはヒーラーを出してもいいんだよ。

今回の物語の舞台は月!! でした。 実はパッチ3.0(※5年半前)あたりから存在を示唆されていた「月」。いつかは行くんじゃないかとユーザーからたびたび示唆されていた場所ですが、ようやくここに来て実装されました。 いったいどんな経緯で宇宙に進出するのか? 気になるところです。

主人公ヒカセンの大親友、ゼノス君も、トレーラーに登場です。
ちゃんと紹介すると、主人公と戦いたいだけのただの戦闘狂です。
この人との因縁、紅蓮編で一回片付いたと思うんだけど、普通によみがえっちゃったし、どうストーリーに絡ませるんだろう・・・。なんとなーくFF14において、「FF7のセフィロス」ポジションに持っていきたいのは伝わるのですが… 果たしてどこで主人公と戦うのでしょう。

新拡張パッケージの名前は「ENDWALKER」!

新しい拡張パッケージの名前は「ENDWALKER」と公表されました。
実はFF14のサービスが始まった10年前から続いていた「ハイデリン・ゾディアーク編」の物語ですが、「この拡張パッケージ」つまりパッチ6.0で、ついにすべて完結するそうです。
拡張が出た後のパッチ6.1以降は「別の物語」を展開するとのこと。本当に決着がつくのか…!

この手の運営型のゲームは、壮大に話を広げてから伏線を回収できずサービス終了する…という悲しい事案が起こるのもあるあるなのですが、FF14はひとまずちゃんと完結するようです。良かった。

シナリオライターは、安定と信頼の石川夏子氏も参加しているようです。「漆黒のヴィランズ」では良い物語を書いてくれました… 今回も期待です。

新たなジョブとしてヒーラー「賢者」実装!

新しいジョブとして「賢者」が実装されます。完全にファンネル。賢者要素はどこ…?でもかっこいい。
味方にダメージ軽減のバリアを張るバリアヒーラーとして戦うスタイルのようです。「学者」と同じですね。
通常のヒーラーとバリアヒーラー、両方の立ち振る舞いができた「占星術師」は、ヒーラーのみの役割に修正されるようです。
今までタンク4種に対してヒーラーが3種だったので、これでつり合いがとれますね!

ちなみにあと1種、「近接DPS」(竜騎士と同じポジションらしい)が実装されるようです。吉田PのTシャツの推理から、巷では「ネクロマンサー」じゃないかと言われていますが果たして…? 個人的な予想としては「鎌」を使うジョブだとは思いますが、違う名前として実装されるかもと勝手に思っています。なんとなく…

あ、レベルキャップが80Lvから90Lvに解放されます。 知ってた!

新エリア拡張もいつも通り実施

新エリア・新インスタンスダンジョン・新大型ボス・新蛮族(マタンガ族)… などももちろんいつも通り実装されます。上の写真はプレイヤーの新たな拠点となる「ラハザン」という町のようです。FF10っぽい!
その他、踊り子発祥の地「サベネア」、さらには「ガレマール帝国」にも行けるようです。
たぶんですが、トレーラーに出てきたくらいなので、最終的には月にも行けるのでしょう。どうやって行くんだ…?
今回は1つの広大なエリアに行けるようになる、というよりは、全国各地の点々とした未開放エリアが解放されるというイメージかもしれません。

新しい蛮神(大型ボス)として、「アニマ」も登場します。 FF10で出てきた召喚獣だ!これもFF10ネタです。 宿敵シーモアが引き連れていた印象が強いですね。

新高難易度レイドとして「万魔殿パンデモニウム」が登場!

新しい地獄高難易度レイドとして、「万魔殿パンデモニウム」が実装されます!
アシエンラハブレアがアートに出ているけど、お亡くなりになったのでは…?
アーロモートが滅びる前の時代のお話がまた聞けそうな予感がします。
パンデモニウムは、FF2、FF9で登場しましたね。特にFF2ではラストダンジョンでした。「皇帝」が出てきそう。「ウボァー」が聞けそう。

よりライトな難易度の24人レイド。直近過去2回ではコラボ系が続いてきましたが、今回はFF14オリジナルのようです! いったい何が来るのでしょう。「今まで明らかになっていなかった要素に触れる」と吉田Pは言っていましたが、はたして。

ゴールドソーサーに新大型ミニゲームが登場!

気軽に遊べるミニゲームを多数揃えた「ゴールドソーサー」に新しいコンテンツが追加されるようです。まだ詳細は伏せていますが、気になりますね。直近では本格的な「麻雀」が実装されて話題になりました。
ブリッツボール?スノーボード? とにかく「みんなが楽しめる」コンテンツのようですよ。

エオルゼアで牧場物語!? スローライフコンテンツ「無人島開拓」

ここまでの情報は「まあありそうだな」と予想の付く内容でしたが、ここに来て完全新コンテンツの紹介がありました!その名も無人島開拓です。
冒険から離れて楽しむスローライフコンテンツのようで、動物の飼育を行ったり、ミニオンを放し飼いにしたり、島を開拓して取れた特産物を使って貿易をすることができるようです。ギャザラー・クラフターの参加ももちろんできますが、「みんなが参加できる」コンテンツのようです。簡易なシミュレーションゲームとして楽しめそう! 遊びの幅がさらに広がりますね。ミニオンを集める意義も強くなりそうです。
ちなみに開発ネームは「DASH島」だったそうです。そのまんまだ……

世界統合を企む吉田、データセンターの壁を破壊する

今までサーバー間の移動はできたとしても、全世界8つのデータセンター間を自由に移動することはできませんでしたが、今回なんとそれが可能になってしまうようです。すごい。
日本は計3つのデータセンターに分かれていて、友達同士でデータセンターが異なると一緒に遊べないという課題がありましたが、その制約も無くなってしまいます。すごい。
このゲームの敵役「アシエン」は、色々事情があって複数ある世界を1つに統合するのを目的としているのですが、吉田はアシエンだった…?

あるサーバーでイベントとか配信とかしたときに人が押しかけすぎて大変なことになるのでは…?とは思いました。こればかりは実際に実装されないとどうなるかわかりません。

スクエニ社長が降臨。FF14のPS5版オープンβリリース日をばらす

吉田Pが発表を終えようとしたところ、唐突にスクエアエニックス社長、松田さんが現れます。

そして、PS5版FF14のオープンベータの開始日をばらしてしまいました!(台本通り) 今年4月13日です。
ついでにパッチ5.5のリリース日も4/13であることをばらしました(台本通り)
PS5版の映像はこちらで公開されております。エリア移動が爆速だ!! 本当に? 人が多い状態のエリア移動時間の実測値がきになるところです。

そして、なんとPS4版を購入しているプレイヤーは、「無料で」PS5版にアップグレードできるようです! 太っ腹ですね。問題は肝心なPS5が手に入らないところですが…
ちなみにこの後のPLLで吉田Pが話していたのですが、吉田はPS5手に入ったようですが開発陣の共有機にされてしまったようです。悲しい。

次回の情報は5/15、5/16実施の「ファンフェス」で!

次回の拡張パッケージの情報公開は、今年5月15日、16日実施予定のオンラインファンフェスティバルで行われる予定のようです。
コロナ禍ということで、初のオンライン開催となりますが、参加はなんと無料!相変わらず太っ腹だ… ニンダイと同じ気分で軽率にみることが出来そうです。
そして、FF14発のバンド、「THE PRIMALS」のオンラインライブもある!!(重要) 
このライブは首を長くして待っていました…楽しみにしています。

「ファンフェス無料だけどもしよかったらこれ買ってね」ということで、マウント「ルナホエール」を販売するようです。これはただのマウントでは無いようで、初の「8人乗り」マウントです!
宝の地図PTの探索が捗りそうですね。

その他もろもろ

以上で発表は終わり…なのですが、実はまとめ切れていない情報がちょいちょいここまでありました。箇条書きでその他情報をまとめます。

●新たな少人数PvPコンテンツの実装
●新たなサイドクエスト・ロールクエストの実装
●新たなフェイスシステムの実装(エスティニアン参戦!)
●新たな(土地争奪)戦争。ハウジングエリア「イシュガルド」解放
●バトルシステム全般のデノミネーション(インフレした数値を下げます)
●帯装備の削除(帯…いい奴だった… 指輪も片方消して♥)
●主武器と指輪枠をちょっと拡張します
…多分これでだいたい全部ではなかろうかと思います。取りこぼしあったらごめんなさい。

まとめ

やっぱり新しい拡張パッケージの発表はテンション上がりますね。
特にメインストーリーの続きがとても楽しみです。
実は筆者は多忙につき1年半前からFF14は休止していたのですが、休止中も公式の情報発信の放送は毎回見ていたくらいFF14自体は好きだったりします。
高難易度レイドに触れさえしなければ社会人にもやさしいMMORPGなので、ストーリーを追うためにまた復帰しようかと思っております。早く月に行きたいねぇ!

吉田P、楽しみにしています! 

   
ひえみず
この記事を書いた人

エオルゼアの沼に浸る男

ひえみずをフォローする
雑記
スポンサーリンク
ゲーブラ

お気軽にコメントをどうぞ!