ドラゴンクエストⅩバージョン2まとめ – 今はこんな遊びがあります

この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

dqx_v2_top.png

Wii/Wii U/Windws/3DSなどで展開中の「ドラゴンクエストⅩ」
これまで「ハージョン1」「バージョン2」と発売されていて
明日4月30日には、「バージョン3」の発売を控えています。

それに伴い先日、バージョン2の最後の大型アップデートが行われ、
バージョン2期間に予定していた全ての要素が実装されました。

どのオンラインゲームにも言えることなのですが、
現行プレイヤー以外の人には結局のところ
何が新しく出来るのかよくわからなかったりします。

ということで、バージョン3発売という大きな節目に合わせて
バージョン2期間にどのような発展をしてきたのか、
大きな要素を中心にまとめていこうと思います!

現在休止されている方に見てもらいたいのはもちろんのこと、
全くプレイしたことのない方も「へ~、こういう遊びがあるのね。」
と、軽い気持ちで見てもらえたらと思います(笑)


dqx_v2_1.png

レンダーシアでの新ストーリーが展開!

バージョン1時代では大陸の中央にモヤがかかっていた大陸
「レンダーシア」の全貌が明らかになります!
今回は人間が住む大陸となりますので、雰囲気が従来のドラクエに近く
内容的にもドラクエらしさが加速していきます!

ストーリーはバージョンアップの度に追加される形になりました。
現在ではまとめてプレイできるので、ボリューム的には
パッケージゲームに匹敵する量を一気にプレイできます!
最近ではボス戦の難易度選択機能も実装され、
ストーリーをよりライトに遊べるようになりました。

dqx_v2_2.png

モンスターを仲間に

バージョン2を導入すると新たに「まものつかい」「どうぐつかい」
の2つの職業に転職することができます。
2つの職業ではそれぞれ違う種類のモンスターを仲間にすることが出来て、
育成して一緒に戦わせることも出来ます!

また、ストーリー後半まで進めると「モンスターバトルロード」に挑戦できて
3匹(内1匹は自分で操作)でNPCモンスター軍と戦うコンテンツです。
プレイヤーが使えないモンスター固有の特技を覚えるので、一味違うバトルを楽しめます!

dqx_v2_3.png

釣り

アストルティアの世界中にある「池」「川」「海」のほとんどの場所で
釣りをすることが出来ます。
魚がヒットすると「釣りバトル」に突入してコマンド選択で駆け引きをします。
繰り返すことで釣りレベルがあがり、レベルにあった釣り具を選んで挑みます。
高レベルになると戦略性が増し、ドラクエならではの釣りに仕上がってますね!

※釣りに関してはバージョン1のみでも遊ぶことが可能です。

dqx_v2_4.png

カジノ

カジノ専用の「コイン」を使って
「スロット」「ポーカー」「ルーレット」「ビンゴ」を遊ぶことができます。
それぞれ一つの台に大人数で座ることができて、
ゲームによってはレイドが発生して協力して倒したり、
隣の人が大当たりした時に、次の当たり枚数が増加する
テンションアップが起きたりと、オンラインゲームならではの要素もあります。
なお、バージョン3では「すごろく」が実装予定みたいです。

dqx_v2_5.png

ピラミッドの秘宝

秘宝の数々が眠るピラミッドでは第1~9まで難易度別のバトルがあります。
1つのバトルに約5ウェーブ存在し、
1つのウェーブに大量のモンスターが現れ、倒しきると次のウェーブが始まります。
ただし、遅すぎると倒す前に次が来てしまうので安全重視もほどほどに。
最後はボスが現れて倒すと見事秘宝を獲得!

秘宝は1度しか取れませんが、毎週復活します。
比較的上級者向けのエンドコンテンツにあたりますね。


他にもストーリーが絡んであまり触れられない
「王家の迷宮」と言った一人で繰り返し遊べるダンジョン要素があったりします。
このような形で戦闘をより深く遊べる新コンテンツを用意しつつも、
バトル以外の大きな要素も追加されてきました。

今回触れたコンテンツではピラミッドの秘宝以外は大体全て一人で遊べるので
オンラインゲームとしては敷居の低さは今も変わりないと思います。

今からじゃ遅いんじゃないの?と思われる方もいるかもしれませんがそんなことはなく、
実装からある程度時間が経って、バランス調整もされているのでむしろ今からの方が遊びやすかったりします。
これらの要素に興味が湧いたらぜひやってみてはいかがでしょうか。

※今回紹介した要素は「ドラゴンクエストⅩ 眠れる勇者と導きの盟友オンライン」または
「ドラゴンクエストⅩ オールインワンパッケージ」がないと遊べません。
※dゲーム版、3DS版は追加パッケージなしで遊ぶことができます。

sokusu16_icon.jpg

   
ゲーブラ
この記事を書いた人

2021年は「みんなの “読みたい” を追求する。」を合言葉に、思わず読みたくなるワクワク、楽しい記事にゲーブラらしさ溢れる記事など、様々なコンテンツを沢山お届けしていきます。

ゲーブラをフォローする
ゲームコラム
スポンサーリンク
ゲーブラ

お気軽にコメントをどうぞ!