スマブラからゼノブレイドへ入った人たちに向けて・・・

この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

シュルクがスマブラに参戦したことで知名度の上がったであろう”ゼノブレイド

シュルク

そんなスマブラでゼノブレイドを知った人たちへ向けて突発的に書いた記事です。

ただただ、ゼノブレイドのゲーム性をお勧めするだけでは他の方のレビューと丸被りしてしまいます。
さらに、発売から数年経っていますので、レビュー自体もうわんさかあります。

・・・ということで、ゼノブレイド×スマブラの注目すべきポイントを一点に絞ってご紹介

さらに、シュルクと参戦権を争ったであろう同時期に発売された新規タイトルも含めてご紹介します。


Xenoblade ゼノブレイド(特典なし)Xenoblade ゼノブレイド(特典なし)
(2010/06/10)
Nintendo Wii

商品詳細を見る

2010年6月10日にWiiで発売されたRPG。
今年はNew3DS版としてWii版の移植作品が発売予定です。

スマブラにはステージとしてガウル平原が登場。時間の経過と共に昼~夜と背景が変わります。
夜になると黒いフェイスが登場。
ゲーム中でもそこそこ重要なポジションにいますが、それよりも声が特徴的過ぎて、正体が誰なのかすぐ分かっちゃった人も少なくないはず。

さて、そんなステージガウル平原で流れるBGMにゼノブレイドメドレーがあります。
スマブラ×ゼノブレイドで推したいのはこの一点。

ゼノブレイド経験ユーザーからすればよくあの自己主張の激しい曲たちを繋げたなぁと驚きつつ、各BGMの流れる場面を思い出すでしょう。
ゼノブレイドをやったことがない人たちは、ゼノブレイドを遊んだ時に「あの時の曲はこれか!」と思ってもらいたいです。

そこで、スマブラにも収録されていますが、ゼノブレイドメドレーの流れに沿って原曲をご紹介。

0:00~
ガウル平原

0:30頃~
機の律動

0:59頃~
名を冠する者たち

1:35頃~
敵との対峙


そして、唐突ですがゼノブレイドとあわせてお勧めしたいのがこの3本・・・

斬撃のREGINLEIV (レギンレイヴ) (特典無し)斬撃のREGINLEIV (レギンレイヴ) (特典無し)
(2010/02/11)
Nintendo Wii

商品詳細を見る

北欧神話世界が舞台の爽快なアクションゲーム。
主人公は神であるフレイフレイヤ

Wiiリモコンを振って画面に描かれた軌跡をそのまま主人公が切りつける直感的な操作に加え、その斬撃は数100mくらいは届くという攻撃範囲の広さがさらに爽快感を与えてくれます。
敵である巨人をズバズバ切れるのがものすごくストレス発散にイイ!武器も多彩。

ラストストーリー(特典なし)ラストストーリー(特典なし)
(2011/01/27)
Nintendo Wii

商品詳細を見る

傭兵としてルリ島にやってきたエルザが主人公。
王道RPGであるものの、戦闘システムが新しく、エルザの能力”ギャザリング“によって敵の注目を強制的に自分に向けさせることで戦闘を進めていきます。
主人公がバンバン叩くというようなよくあるスタイルではなく、注目を自分に向けさせることで仲間を補佐することが可能な点で特殊な主人公とも言えるかなと。

時々ものすごく安く売っているのを見掛けます。遊びやすいのでぜひ!

パンドラの塔 君のもとへ帰るまでパンドラの塔 君のもとへ帰るまで
(2011/05/26)
Nintendo Wii

商品詳細を見る

獣の呪いにかかってしまったヒロイン、セレスを助ける為に主人公エンデが奮闘するアクションRPG
最大の特徴はエンデの武器であるオレイカルコスの鎖。剣なども備えているものの、鎖が物語中でもゲーム中でも重要です。
鎖を使って敵を縛ったり、先端を発射して攻撃したり、弱点に巻きつけて引き抜いたり・・・などなど鎖でなければ出来ないようなアクションがたくさんあって操作にものすごく新鮮味の感じられるゲームでした。

発売日順にを並べると
2010年2月11日:斬撃のREGINLEIV
2010年6月10日:ゼノブレイド
2011年1月27日:THE LAST STORY
2011年5月26日:パンドラの塔 君のもとへ帰るまで

となります。

レギンレイヴから約半年以内に次の任天堂新規タイトルが発売・・・という状況がパンドラまで続きます。
約1年で4本も新規タイトルが出るのは珍しいことで、当時は驚きました。
当然ファンとしてはWii出身キャラとして誰がスマブラへ参戦するかが気になっていました。

結果的にシュルクが参戦したわけですが、どれもこれも遊んだ身としては

スマブラ→シュルク→ゼノブレイド
という流れを辿りそうな方々にはぜひこれらの3作品も遊んでほしいと思っています。
遊んでみると、それぞれの主人公に“スマブラにいてもおかしくない!”といった個性が感じられるかと。

ちなみに、この3作品の主人公やヒロインはスマブラでもWiiセカンド組としてフィギュアとして登場しています。

余談ですが、もちろんこれ以外にも遊んでほしいゲームはあるわけです。
・・・が、スマブラからゼノブレイドへ入った人へ向けてということで、スマブラと何かしら関係があり、ゼノブレイドとよくセットで考えられるゲームを取り上げさせていただきました。

wakyairoiro_icon.jpg

   
イッキ
この記事を書いた人

任天堂が好きな人。

イッキをフォローする
ゲームコラム
スポンサーリンク
ゲーブラ

お気軽にコメントをどうぞ!

  1.   より:

    やっぱりゼノブレパンドララスストレギンレイヴはなんとなくセットで考えちゃいます

  2. レギン以降約半年以内に次の新規タイトルが出る・・・という状況がパンドラまで続いたことで、この4本をセットで見る人は多いみたいですね。現にスマブラでもゼノブレ除く3本からWiiセカンド組としてフィギュアが出ています。