こんばんは。ゲーブラのガジェット担当 ぽけです。

今日はタイトルにもある通り、楽天モバイルに関するちょっとした雑記です。


  1. さかのぼること5ヶ月前…
  2. 楽天モバイルを契約してみた!
  3. Rakuten Miniには大満足!
  4. 然うは問屋が卸さない
  5. 時は流れ、10月…!
  6. ドコモ回線と比較しながらスピードテストしてみた。
  7. この料金なら楽天モバイル一本化にしてもいいかも?

さかのぼること5ヶ月前…

今年5月、第4のキャリアとして話題の楽天モバイルを契約しました。

契約したキッカケとしては、もともと私がゴリゴリの楽天カード会員(常にダイヤモンドランク)であり、楽天がMVNOからMNOとして業界に参入するという話を聞いた時から興味があったから。

自分はこれまでドコモ→OCNモバイルONE→ワイモバイル→ソフトバンク→ドコモという変遷で色んなキャリアを試してきました。

現在は妻の家族も私の家族もみんなドコモである関係上、家族間通話無料の恩恵を受けたいよね、という理由もあって再びドコモを2年半ほど利用しています。

とは言え、光回線と合わせると月1万5,000円近くが固定費として飛ぶのは痛いもの…。

確かに家族間通話無料なのはすご〜くメリットです。ただ、それの為に高い料金を払い続けるのはどうなの?と悩んでいました。

そんな時に楽天モバイルが先着300万名を対象に1年間利用料金タダ、というえげつないサービスを打ち出したからにはこのビッグウェーブに乗るしかないと思い立ったワケです。


楽天モバイルを契約してみた!

そんなわけで思い立ったが吉日、今年5月に楽天モバイルを契約!

新しいキャリアの不安もあったので、メインはドコモ、サブは楽天モバイルとして取り敢えずは実験的に運用してみることに。

5月27日に契約して、5月30日にはRakuten MiniとesimのQRコード等一式が送られてきました。

初めてのesimに戸惑いもありましたが、設定は付属のスタートガイドを見ながらやれば何の問題もなくすんなりと済ませることができました。

ちなみに私の契約したRakuten Miniですが、想定以上に人気すぎて、6月に契約した人の中には9月に端末が届いたという話もあるそうです。

現在キャンペーンはとっくに終了していますが、6月17日まではRakuten Miniが端末代1円でした。そりゃあみんな1年タダ+端末1円なら欲しくなっちゃうよね。


Rakuten Miniには大満足!

Miniという名を冠しているだけあって、本当にミニ!

3.6インチのディスプレイ、重さは驚異の79グラム。手のひらにすっぽり収まるサイズ感なのに、防滴・防塵におサイフケータイまで備えている超ミニマリスト向けスマホに仕上がっています!

正直実機を見るまでは「せいぜいおもちゃとして遊べればいいかな〜」ぐらいの気持ちでいましたが、実際に手にして使ってみると普段使いも全然イケる優秀なスマホでした。

ちょっとコンビニでサクッと買い物したい時にはRakuten MiniでPayPay決済したり、モバイルSuicaで電車にも乗れるし、なにかと重宝します。

ちなみに「ドラガリアロスト」も普通に動きますし、「Pokemon Go」も問題なくGPSを拾ってくれますよ。


然うは問屋が卸さない

楽天モバイルがキャリアとしてスタートしましたが、完全データ使い放題の楽天回線が全国で使える日がなかなかやって来ない!

私自身、楽天のお膝元に住んではいるものの、そう簡単にエリアが入ることはありませんでした。

コロナウイルスもエリア拡張の遅れに少なからず影響しているでしょうし仕方ありません。楽天回線が入るまではパートナーエリア(au回線)で月5GBをありがたく使うことに。。

いつの日か楽天回線で思いっきりアンリミットなエブリデイをエンジョイする日を夢見ながら、指折り数えて過ごすことに。お買い物パンダが一匹、お買い物パンダが二匹…。


時は流れ、10月…!

楽天モバイルを契約したのが5月、あれから幾千のお買い物パンダを夜な夜な数えたことか分かりません。

遂に我が家のエリアにも楽天回線が入ってきました!

アプリ「my楽天モバイル」で確認すると、しっかりと楽天回線エリア データ無制限の表記があるのが分かります。

やっとこの時がやってきたんだ… ありがとう三木谷社長。ありがとう米倉涼子…。


ドコモ回線と比較しながらスピードテストしてみた。

楽天回線にてRakuten Miniでスピードテストをしてみるとこんな感じ。時間は夜21時で上り下りともに10Mbps前後とまずまず。

まぁ正直10Mbpsもあれば動画もサクサク見れますし、日常使いで不自由に感じることはまずないでしょう。

一方、同時刻にドコモ回線にてGalaxy S10でスピードテストを見てみると下りは100Mbps超えという快速、逆に上りはうーん低速。

お互い良し悪しあり、比較検証の大事さを痛感させられます。

もしかすると楽天回線はまだまだエリアが拡大したばかりということもあって、安定性やら基地局の拡大などが施されれば今後さらに速度アップが期待できるかも? 気長に待ちます。


この料金なら楽天モバイル一本化にしてもいいかも?

実際問題まだまだエリアも全国区とは言えないですし、お世辞にも快適な通信速度とは言えません。

とは言え、1年無料の後も月2,980円でデータ無制限、エリアが入らなくてもauローミングで月5GB/超過後でも1Mbpsで利用できるなら十分お買い得かなと思います。

あとは5Gの価格面において、大手三大キャリアを打ち負かせる絶大なインパクトがありますよね。楽天が優位に立ち続けられるのかは、総務省の値下げ圧力がどの程度三大キャリアを動かすことができるのか、それ次第でしょうか。

色々今後への期待と不安がありますが、私はドコモからメイン回線を楽天モバイルに切り替えてみる予定です。

近々とある新スマホとともに楽天モバイルでの使用感などを記事にしようと思っていますので、そちらもお楽しみに〜!