PS4とPS3の外装もろもろを比較してみた。

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

ps4_hikaku_1.jpg

皆さんPS4ライフ楽しんでますか? 私から最初にひとこと謝りたいことがあります。
発売日に開封記事を上げるつもりでしたが、遊ぶことに夢中で書き忘れてました!!

前置きが長くなりましたが、今回の記事では PS4とPS3の内部ではなく外部から比較してみます。


まずはじめに

初期型同士で比較出来れば最高なんですが、残念ながら我が家のPS3は2世代目になります。
指標になるか微妙な所ではありますが、参考程度に見ていただければと思います。

・PlayStation 3 (120GB) チャコール・ブラック (CECH-2100A)

・PlayStation 4 First Limited Pack (500GB) ジェット・ブラック (CUHJ-10000)

サイズ比較

hikaku_1.jpg

箱の高さはPS4とPS3でほぼ同じ。横幅はPS4の方が1.5倍ほどあります。

hikaku_2.jpg

箱の薄さはPS4の方が薄いです。箱の材質はPS3の方が厚みがあって耐久性があります。

hikaku_3.jpg

【PS3】約290 × 65 × 290 mm(幅×高さ×奥行き)

【PS4】約275 × 53 × 305 mm(幅×高さ×奥行き)

奥行き以外はPS4の方がコンパクト。
とは言っても、その差はわずか数cmなので見た目的にはほぼ同じぐらいですね。

hikaku_4.jpg

縦置きにしてみると、PS3の方が少しだけ長いことがわかります。

余談ですが、PS4のHDDベイカバーがツルツルテカテカしているため、
フラッシュ撮影すると自分の顔が映り込んでしまい、何度も撮り直しましたw

hikaku_5.jpg

左がPS3コントローラーのデュアルショック3、右がPS4コントローラーのデュアルショック4。

持ち手が長くなり、分厚くなったので非常に持ちやすくなりました!
スティックとL2/R2トリガーに窪みが出来たのもプラスですね。操作性が格段に良くなりました。

コントローラーに欠かせない部分である、○△□×ボタンと十字キーも押し心地が変わりまして、
PS3が“もさもさ”と柔らかい感触でしたが、PS4は“カチカチ”と歯切れの良い感触になりました。
押し心地の好みは人それぞれかもしれませんが、私的にはPS4の方が断然スキですね。

デュアルショック4いいゾ~これ

リモートプレイを試してみた!

hikaku_6.jpg

PS3のリモートプレイとは別次元の快適さですよこれは!!
Wii UのGame Pad並に遅延を感じません。サクサク動いてくれて気持ちいい。

裏でどういう処理をしているのか・・・ 接続も簡単に出来ちゃうので重宝してます。

hikaku_7.jpg

アサシンクリードⅣをリモートプレイでやってみました。
アクションゲームだけあって、ほんの僅かに遅延を感じますが及第点です。

水平線のグラフィックが荒く表示されたりするのはしょうがないかな。
これだけの水準に達していれば、布団に潜ってVitaでサクッと遊べます!期待以上です。

ただ、ボタン数がデュアルショック4より少ないので、L2/R2を背面パッドに割り当てるのですが、
ゲームによっては反応が悪かったりします(トゥームレイダー等)

いずれ出るVitaの後継機では、L2/R2トリガーが搭載されればいいなぁ。

検証結果

PS4はPS3よりコンパクト!
1世代目からこれだけコンパクトに出来たのは、ソニーの長年のノウハウの賜物だと思います。

sega_poke.png

   
ゲーブラ
この記事を書いた人

2020年は「みんなの "新しい" がここにある。」を合言葉にワクワクする楽しい記事、ゲーブラらしさ溢れる記事を沢山お届けしていきます!

ゲーブラをフォローする
ゲームコラム
スポンサーリンク
ゲーブラ

お気軽にコメントをどうぞ!