PSP『那由多の軌跡』ファーストインプレッション

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク



那由多パッケ

本日、日本ファルコムより発売されたPSP『那由多の軌跡』のファーストインプレッションです。
第2章の序盤辺りまでプレイ。もちろんネタバレはありません。

本作は「ストーリーアクションRPG」と言う事で、
ストーリーをじっくりと楽しみつつ、戦闘はサクサクと進めて行くスタイルのゲームです。
以前のシリーズと一番の変更点として「アクション」が追加されましたが、さぁどんな仕上がりか!?



■結構気持ち良いサクサク攻撃!
基本的に○ボタン連打しつつ、敵の攻撃を回避すればOK!
さらに、□ボタンで妖精の「ノイ」が魔法でサポートしてくれます。

他にもゲームを進めるとボタンの組み合わせ技を繰り出せたりします。
とにかくカンタン操作でサクサクと攻撃を繰り出せるので、爽快感は抜群です!

那由多1

■時にはジャンプアクションも!
1章の場合、多くのステージは敵と戦いつつドンドン進んでいく感じでしたが、
一部ステージではジャンプアクションを求められる場面があります。

仕掛けに当たったり、落ちても少しダメージを受けるだけなのでそんなに構えなくていいですけどね。
ストレスにならない程度で、良いアクセントになっています!

■ストーリー
世界観がしっかりと作られていて、序章ではしっかりと説明されます。
独自の単語は多めですが、分かりやすい方かな。
序盤の会話のパートが長めな印象ですが、伏線があって今後気になります!

軌跡シリーズは後半の盛り上げが上手いので、とりあえず期待しています。

那由多2

■絶景ポイントが多い!
本作は背景のグラフィックに結構力を入れてる風に感じます!
背景はPSPクオリティーでは限界レベルに挑んでるかも!
普段の風景や、キャラクターポリゴンはPSPでは標準かなw

■サウンドが良い!
熱狂的なファンが多い「ファルコムサウンド」も健在!
道中のBGMもテンションを上げてくれます!聞いていて心地がいいね!


まとめ
ファルコムらしい、なかなか丁寧な印象です。
ARPGはボタンの使用数が多いので、頭がパンクする事が多いのですが本作は少しずつ覚えられるので
すんなりつ使いこなすことが出来ます!

逆に丁寧すぎて最初はちょっと耐える時間が必要なのが欠点ですが、
RPGらしく、2時間プレイしたあたりから本格的に楽しくなります!

今後もプレイ日記で書ききれなかった要素や、キャラクターの印象とかを伝えられたらな~と思います。

那由多の軌跡(通常版)那由多の軌跡(通常版)
(2012/07/26)
Sony PSP

商品詳細を見る

z_5.png

   
ソーヤ
この記事を書いた人

コンテンツの渦の中で生きる

ソーヤをフォローする
ゲームコラム
スポンサーリンク
ゲーブラ

お気軽にコメントをどうぞ!