【2018年を振り返ろう】ゲーブラライター『推しゲー』グランプリ!

この記事は約7分で読めます。
スポンサーリンク
oshigame18

今年も 【『推しゲー』グランプリ】 の季節がやってまいりました。
2018年、沢山のゲームが発売されました。 みなさんも心に残ったゲームがきっとあるはず。

去年の記事はこちら⇒ 【2017年を振り返ろう】ゲーブラライター『推しゲー』グランプリ!

ゲーブラ 毎年年末恒例の企画!
ゲーブラライター達の心に残ったゲームを紹介!


Detroit: Become Human

 5月25日発売 PS4

detroit-become-human

自分の選んだ選択肢で結末が変わるアドベンチャーゲーム。
まささんはどの結末だった?と、つい他の人と話し合いたくなってしまうゲームです。

結末が違えば、感じ方も人それぞれ、飲み物でいうとドクターペッパーのようなゲーム。
面白いからみんな遊んでね。

akican1246_icon.jpg


フォートナイト

 3月8日PS4にて日本語版サービス開始 PC/PS4/XboxOne/Switch/iOS/Android

E9482B99-6A5E-4B63-ADB3-DFCD91EFDBB0

今年はやはり「フォートナイト」!

2月ごろに友人から誘われて始めたのがキッカケで、
当時はシーズン2でまだ日本語版が無く必死に英語を読み解いていましたw
いわゆるPUBGのパクリゲーという認識でやっていたので、
まさかここまで世界的に人気となるとは思っていませんでしたねー。

PUBGでスタンダードとなったバトロワ要素+建築がうまい具合に噛み合ったのが大きいですね。
後はやはりユニークなスキンやエモートなどのカスタマイズ要素も、
さらに人気に拍車をかけた気がします。

ただ頻繁にアップデートを行っているためバグが多いのが気になりますし、
プレイ人口が多いので自分も含めて不満や批判も少なくはないです。

それでもかれこれ一年近くも楽しませてもらってますし、これからも楽しみたいです!

kyaputenj_icon.jpg


大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL

 12月7日発売 Switch

DuiMWFDUwAAKl9j

ダブりとか気にせずやっぱコレでしょ!

任天堂+ゲストのコラボ作品!スマブラシリーズに登場したキャラクターを誰も切らず全員参戦させてしまった本作が今年の一番。

その分色々切り落としてしまったけど、フィギュアは特に残念。ただ、守備範囲としてはスピリッツで大幅に増えているので任天堂ファンもニッコリ。

毎度お馴染みのセリフだけど「気になったら原作をぜひ遊んでね!

で、あんまりゲスト増やすのもほどほどにね!
(中途半端にゲスト増やすなら任天堂オールスターじゃなくてゲーム業界オールスターゲームとして改めて一新して欲しい!)

wakyairoiro_icon.jpg


大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL

 12月7日発売 Switch

smile (1)

実況でしか見てませんが、キャラクター数の多さと新アクションやストーリーに、
昔からのファンも今作初めての人でも楽しめる作品になってます!

98_icon.jpg


Beat Saber

 5月2日発売 PS4/PC

611xtut9

今年はVRにのめり込んだ年でしたが、
そのなかでも1番プレイしたゲームがBeat Saberでした!
ライトセーバーで流れてくるブロックを斬っていくゲームで、
Pluginで自作アバターも導入でき、曲も追加できるのでずっと遊べます!

coma392_icon.jpg


Marvel’s Spider-Man

 9月7日発売 PS4

syu2fj3y

ことしは30本ほど、小規模タイトルを含むGAMEを購入しましたが、
クリアーと思わしきところまでプレイしたタイトルは
片手で収まる数でした。心よりお詫び申し上げます。
そんなニワカが選んだタイトルが、このスパイダーマンです。
(これも実はクリアーしてない。許して。)
あのスパイダーマンが自由自在にニューヨークを飛び回る
オープンワールドのアクションゲームです!
まずやはり目につくのが、街の作り込みですね。
糸をスイングすれば一瞬で通り過ぎる街並みですが、しっかりと細かく描かれており
降りれば人々がちゃんと通行しており、細かくリアクションもしてくれるという。
「物量で殴る」とはこのことですね。
だからこそ、街並みに説得力があり、移動しているだけで楽しい。
しかし、街並みがリアルなだけだとそこまで移動が面白くならないものです。
じゃあなぜこのゲームの移動が面白いかというと、
プレイヤーの操作がかっこよくなるような「補正」がスゴいからです!
壁に向かって糸を出すと、しっかり狙わなくともそれっぽいところについて
スイング移動ができたり、壁にぶつかる時もそのまま壁をダッシュして、
また屋上でかっこよくジャンプして次の行動に移るという、
ちゃんと操作していると手応えを感じるレベルに補正してくれているのが絶妙なんですよね。

つまり、あのビルを伝っていく移動自体は疾走感ありますが、それに加え
システム的にも極力「止まらないように」移動できるようにしてくれているから
楽しくスピーディな移動が実現されているってことですね。

敵との戦闘パートでも、例えば回避する場合は、その方向に何があるのかを判定した上でシナマティックな回避をしてくれます、敵に向かって回避したら相手の股をくぐって背後をとって反撃!とか。
壁が近くにある時に反撃をすると壁を利用しての反射攻撃をしたりなどなど…。
「手軽さ・手応え・かっこよさ」が絶妙なんです!
このすごさは触ってみないと分からないです。
だって、自分にはこんなカッコイイアクションできっこないと思っていましたが、やったらできちゃうんで、ゲームって触ってナンボなんだなと改めて思わせてくれました。
ちなみに難易度はけっこう高めです。オープンワールド特有の、探索するたびに強くなるシステムもあり、収集要素も色んな場所でスポットを見つけたり、アイテムを探すのが楽しいし、前述通り、移動が全く苦にならないので、詰まったらサクサク探索して強いスパイダーマンになりましょう。
ところで、本作の開発は「インソムニアックゲームズ」で、同社開発の「ラチェット&クランク」シリーズが筆者はとても好きだったりします。
PS2時代でまだ「洋ゲーは不親切」と言われていた時代でも、初代ラチェットからすでにわかりやすい音声ガイド付きのチュートリアルを搭載していたりと、かなり丁寧な印象でした。
本作においてもそういった丁寧さや、クイックに技(?)を選べるUIなど、随所に感じるインソムニアックらしさと、スパイダーマンというIPの良さが見事に合わさった素晴らしいゲームになっているなと感じました!

それでは、来年は片手以上のゲームをクリアーしようと思います。
よいお年を!

sokusu16_icon.jpg


ポケットモンスター Let’s go! ピカチュウ/Let’s go!イーブイ

 11月16日発売 Swtich

ze26d9no

「Let’s go! ピカチュウ」をゆっくり進めています。

ポケモン本編シリーズ初の据え置き型ゲーム機での発売でした。
これまでの作品との大きな違いは、野生のポケモンを捕まえる時にバトルをせずに、
Pokémon GOのようにモンスターボールを投げて捕まえるようになってます。
ポケモンのゲームを遊んだことない方でも遊びやすくなっています。

Pokémon GOを機会にポケモンに興味を持った方におすすめなゲームです。
あと、ピカチュウとのふれあいが、めっちゃかわいいです。

daihossi_icon.jpg


フォートナイト

 3月8日PS4にて日本語版サービス開始 PC/PS4/XboxOne/Switch/iOS/Android

fortnite

建築もできちゃうバトロワ系TPS。

このフォートナイトにハマる以前はPUBGをちょっとだけ遊んでいましたが、
両方遊んだ結論としては、こちらの方が自分にとっては面白いという結論になりました。

まず、TPS初心者にとっつきやすい!
アイテムのレア度が一目ですぐにわかる仕様になっていたり、
所持品が5枠までに制限されているので、操作が煩雑になりにくいです。

また、アップデートの頻度が凄まじいのも特徴の一つでしょうか。
感覚としては、3日に1度は何かしらの新要素が増えているような気がします。
約3カ月に1度、大型アップデートも行われます。
開発の、デバッグにかけるコストをある程度犠牲にして、新鮮なゲーム体験をなるべく提供しよう!という強い意志が感じられます。

スプラトゥーンに初めて触ったようなハマり方を現在感じています。楽しいぞ。

hiemizu_icon.jpg


ザンキゼロ

 7月5日発売 PS4/Vita

713dHrdbekL._SL1500_

近年稀に見る尖りっぷり!!クセが強いんじゃ!
ダンガンロンパのスタッフが作っただけあって話がブッ飛んでます。

人によっては生理的に受け付けない(性的・胸糞)の展開もあったりしますが、
登場キャラの内面的な部分や設定の掘り下げなどが凄く丁寧なんですよ!

おかげでロンパ以上に感情移入してしまいました。。。
ゲームクリアした後はザンキゼロロスってましたね(言いづらい)

「30時間ぐらいでクリア出来る濃密なゲームないかな?」
お探しの方には真っ先にオススメできる良作ダンジョンゲー!!

sega_poke_new.png


メイドインワリオ ゴージャス

 8月2日発売 3DS

4D44782D-0999-408A-9BC1-8B281EB15393

久しぶりのメイドインワリオは、集大成というべきゴージャス感。
プチゲームはやっぱり安定のメイワリクオリティで、
直感的に遊べるゲームは楽しいですね。
今作はフルボイスで、よりコミカルな世界観と物語を堪能できます。
あと小ネタの引き出しが凄いのも魅力的ですよね。
懐かしの任天堂製品とか、他作品のオマージュらしいやつとか!
ここまでやっちゃうと次も期待しちゃいますが・・・ はたして。

masa_arumi_icon.jpg


モンスターハンター:ワールド

 1月26日発売 PS4

モンハンW

今までは主に日本でヒットしていたモンハンシリーズですが、
今回は世界で戦えるクオリティになり登場しました!
今までのシリーズと比べるとやり込み要素に掛けていたりとまだまだ改善の余地はありそうですが、シリーズの続編としてはかなりいい進化を遂げたゲームだと思います!
来年秋にリリースされるG級相当のDLCも楽しみですね!

yuuto33_icon.jpg

   
あきかん
この記事を書いた人

こんにちは。

あきかんをフォローする
   
アジャ
この記事を書いた人

フォートナイトとFF14大好きマン

あきかんをフォローする
   
イッキ
この記事を書いた人

任天堂が好きな人。

あきかんをフォローする
   
98
この記事を書いた人

ゲーブライチのバイク好き

あきかんをフォローする
   
こま
この記事を書いた人
あきかんをフォローする
   
ソーヤ
この記事を書いた人

コンテンツの渦の中で生きる

あきかんをフォローする
   
だい ほっしー
この記事を書いた人

ジョウト出身カントー在住のポケモンファンです。

あきかんをフォローする
   
ひえみず
この記事を書いた人

エオルゼアの沼に浸る男

あきかんをフォローする
   
ぽけ
この記事を書いた人

ゲーブラを作った人。早寝早起きが得意。

あきかんをフォローする
   
まさ
この記事を書いた人

サカナと米を愛してやまない男

あきかんをフォローする
   
ユウト33
この記事を書いた人

ゲームと映画が好き

あきかんをフォローする
ゲーム情報 ゲームコラム
スポンサーリンク
ゲーブラ

お気軽にコメントをどうぞ!