【ニノクロ】6/10リリース決定!スマホ向けMMORPG「二ノ国:Cross Worlds」の魅力に迫る。

この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

皆さんこんばんは、自称レベルファイブ担当のぽけです。

この度「二ノ国」シリーズ初のスマートフォン向けMMORPGである「二ノ国:Cross Worlds(以下ニノクロ)」が、6/10に正式リリースされることが決定しました!

さかのぼること2019年11月、あの二ノ国がMMORPGとして遊べる事が明かされてから長らく待ちましたが、ようやく遊べるんだと思うとワクワクしますね〜!

今回の記事では、ニノクロの魅力をシリーズファンとしてさらっと紹介していきます。


そもそも「二ノ国」とは?

二ノ国シリーズ1作目であるニンテンドーDS「二ノ国 漆黒の魔導士」が発売されたのが2010年。

当時「イナズマイレブン」「レイトン教授」「ダンボール戦機」と次々にヒット作を生み出していた福岡のゲーム会社レベルファイブ。

怒涛の急成長を遂げる中、今度は日本を代表するアニメ会社のスタジオジブリと手を組んでゲームを出すことに。

その後、2011年に1作目のフルリメイク版であるPS3「二ノ国 白き聖杯の女王」が発売。

こちらはスタジオジブリのアニメーションをリアルタイム処理で動かすことを目指した美麗なグラフィックが注目を集め、ワールドワイドで100万本以上売り上げました。

そして2018年には「1」の世界とパラレルワールドである PS4/Windows「二ノ国Ⅱ レヴァナントキングダム」が発売。

戦闘システムが1作目から大きく変わり、フィールド上を縦横無尽に動けるテイルズオブライクな自由度の高い戦闘になりました。


ひとりからみんなで遊べる「二ノ国」へ。

そんな二ノ国はこれまで1人用RPGを貫いてきましたが、ニノクロでは遂にMMORPGに生まれ変わります!

二ノ国の世界観自体はユーザー同士で好きなようにコミュニケーションをとって楽しむのにも向いていると思うし、

二ノ国Ⅱ以上にアクション要素抜群の戦闘に仕上がっているようなので、MMORPGとして末永く楽しめるタイトルになるんじゃないかな〜と思います。


あなたはどのジョブではじめる?


プレイヤーはまず、初期リリース時に使用可能なソードマン・ウィッチ・ローグ・エンジニア・デストロイヤーの5種類の中から選ぶことになります。

恐らくリリース後のアップデートで徐々にジョブの追加が実施されていくのかと思います。

無難にソードマンで始めようかな〜、悩む!


レベルファイブ×ネットマーブルの強力タッグ!

今回大規模なMMORPGになるということで、「リネージュ2レボリューション」のネットマーブルがレベルファイブとタッグを組んで開発をしています。

現在スマホ向けに配信中の「七つの大罪 ~光と闇の交戦(グランドクロス)~」もネットマーブル開発の作品なんですが、アニメをそのまま動かしたような美麗なグラフィックが開発力の高さを物語っています。

スタジオジブリの生きた世界観を引き出すには一番適した開発会社なんじゃないかな?

そして目指すは打倒原神でしょうか…。miHoYoの開発力とネットマーブルの開発力、果たしてどっちが上なのか。


久石さんの楽曲が素晴らしいんすわ…

【二ノ国:Cross Worlds】久石譲、ニノクロを指揮する

また本作でも久石譲さんの手掛ける楽曲が冒険を彩ってくれます。

二ノ国Ⅱでも感じましたけど、広大なフィールドを歩いてる時に「今めちゃくちゃ壮大な旅してる」感を味わえるので、色んな人に体感してほしい…。


色々なコンテンツが目白押し!

[二ノ国:Cross Worlds] ストーリー編公開!

長期的に楽しめるコンテンツとしては、練り込み不足感が否めなかった二ノ国Ⅱのキングダムがニノクロではブラッシュアップして盛り込まれています。

自分の拠点である城の壁や床を変更したり、彫像や装飾も自由にカスタマイズして楽しめます。

それだけでなく、互いの領地に侵攻する大規模GvG(ギルド対ギルド)コンテンツも用意されているとのことで、冒険の箸休めというより本編そっちのけでやっちゃいそう!

また、MMORPGだけあってチャットやスタンプ、モーションでコミュニケーションをとることも勿論出来ます。


ニノクロ 配信日は6/10!

【二ノ国:Cross Worlds】世界観紹介ムービー(フルバージョン)
ぽけ
ぽけ

というわけで、リリース前に分かる範囲でニノクロを取り上げてみました!

レベルファイブにとっても渾身の作品に仕上がっていそうなので、末永く楽しめるような運営をしてほしいなぁと願っています。

それから事前登録キャンペーンもやっているようなので、興味のある方はニノクロTwitterもチェックしてみてね(宣伝感)

   
ぽけ
この記事を書いた人

ゲーブラを作った人。早寝早起きが得意。

ぽけをフォローする
雑記
スポンサーリンク
ゲーブラ

お気軽にコメントをどうぞ!