【週刊・気になる!そのツイート 6/26号】 新型PS4が6月下旬から順次発売、アトリエシリーズ最新作が9月に発売決定ほか

この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

kinitwi_150626.png

ゲーム会社、関係者方の 1週間のツイート から
気になったものを いくつかゆるーく紹介する 週刊企画!
 (ツイートとは:ツイッターにおける一般的に「つぶやき」と呼ばれる投稿のこと)

今回の一言:
筆者が、PS4 を購入しようか検討してる中、新型が登場です。

> 6/19 ~ 6/25 のツイートから


■『新型PS4』が6月下旬から順次発売

22日、ソニー・コンピュータエンタテイメントは、
『新型PlayStation 4』(型番:CUH-1200) を発表しました。

日本国内では6月24日 から順次出荷開始されています。

本体カラーはジェット・ブラック、グレイシャー・ホワイトの2種類。
価格は39980円(税別)


■新型PS4について
従来製品(型番:CUH-1100)と比べ以下の項目が異なる
8%の消費電力低減  電力:旧型250W → 新型230W
10%の軽量化     重量:旧型2.8kg → 新型2.5kg
・本体上部のデザインを一部変更

この機会に新型を購入するも良し。
また、旧型の値下げを狙って購入するのも良いかもしれません。


■アトリエシリーズ最新作が9月発売決定

23日、コーエーテクモゲームスのガストは アトリエシリーズ最新作 となる、
『ソフィーのアトリエ ~不思議な本の錬金術士~』を発売しました。

発売日は9月25日。 対応機種は PS4、PS3、PS Vita


■アトリエシリーズについて

・1997年にPS1ソフトとして発売された『マリーのアトリエ ~ザールブルグの錬金術士~』から続く、
人気RPG。 本編作品は今まで16タイトル発売されています。

・主に『育成シミュレーション』『経営シミュレーション』『RPG』の三要素から構成されている。

・本作のデザインを担当するのは、イラストレーターのゆーげん氏


29日(月) 20時からニコニコ生放送で特別放送が行われます。

8月発売の「よるのないくに」「ソフィーのアトリエ」2作品の情報が公開されるとのことなので、
気になる方は要チェックです。



■レトロゲーム11機種対応『レトロフリーク』10月発売へ

22日、サイバーガジェットはレトロゲーム互換機
『レトロフリーク』10月に発売すると発表しました。

本体セットは21600円(税別) 、本体セット+コントローラアダプターは24840円(税別)

■レトロフリークについて

・全11ハードに対応する互換機。 ハードは以下の通り。

・本体に接続されたmicroSDにゲームをインストールできる機能が搭載。
カートリッジの抜き差し不要で遊ぶことができる。

・セーブ機能がないソフトもセーブできる、クイックセーブ機能が搭載。
また、ソフト内の電池が切れていても、本体にセーブが可能。

・レトロソフトをHDMI端子接続でプレイすることが可能。

・コントローラアダプターを使用することで純正コントローラが使用可能。
USB端子を使用したコントローラにも対応。

amazonで限定カラーも発売されるようです。
このカラーは・・・!

1次予約はすでに終了しており、
後日、2次予約が開始されるということです。


次週も、お楽しみに!

masa_arumi_icon.jpg

お気軽にコメントをどうぞ!