3DS・Vita・スマホの充電が捗りすぎる!『Anker 60W 6ポート USB急速充電器』 開封&レビュー

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

anker_1.jpg

USBポート足りてますかー!? 足りてないよね!

昨日1月17日に発売されたばかりの 『Anker 60W 6ポート USB急速充電器』
Amazonにしては珍しく1日で届いたので、速攻でレビューしていきたいと思います。


anker_2.jpg

今回購入した充電器は、前のモデルにあたる『Anker 40W 5ポート USB急速充電器』から
いくつかの項目においてグレードアップしたモデルになっています。

<ポート数> 5個 → 6個
<最大出力> 8A → 12A

また、アンカー社独自の技術である「PowerIQ」によって、接続された機器を自動的に検知し、
機器ごとに適した最大のスピードで急速充電を行うことが出来るという頭の良い子です。

(余談)

アンカーは、元Googleの社員さん数名が立ち上げたベンチャー企業で、
安価ながらも高品質、かつデザイン性にも富んだモバイル周辺機器を主に作っています。

さっそく開封。

anker_3.jpg

ふたを開けると、「Thanks for choosing Anker!」とサプライズ感をさりげなく演出。
梱包が丁寧なところもアンカー製品の魅力のひとつだったりします。

同梱物

anker_4.jpg

同梱物はこんな感じになってます。(左から)

・メガネ型ケーブル
・簡易冊子(写真上)
・紙の下の方にある青い部分をひっぱると接続されている沢山のモバイル機器が一斉に充電されていく様子をおしゃれな感じで図にしたPowerIQの仕掛け絵本なんだけど実際のところ「これSUGEEEEE」と思える人は10人中3人ぐらいのもの(写真下)
・本体

anker_5.jpg

ちゃんと6ポートありますね!(5ポートが届いたらどうしようとか思ってました)

無駄のない洗練されたデザインなので、職場のデスクに置いたら様になりそう。
重さも190グラムと軽いので、バッグに忍ばせて持ち歩いても平気ですね。

自分だったら、3DS・Vita・iPhone・iPad・デュアルショック4・WiiU PROコンで
なんとか6ポート占領出来そうです。(後者2つは頑張って捻り出したもの)

とは言え、そんなに同時に充電するシーンはまだありませんけどね!

最後にVitaとNew 3DSと並べてサイズ比較。

anker_6.jpg

厚みは3DSよりもやや厚いですが、表面積は一番小さいです。
出張とか旅行に一緒に連れて行っても、なんら問題ないサイズ。

ゲーム機とスマホを同時に充電したいんだけど、ポートが足りないよぉーという人は
かなり重宝するアイテムだと思います!ゲーブラ一押し!

あと、おかげさまでインフルエンザが快方に向かってます。
Twitterで励ましリプを送ってくれた方々、本当にありがとうございました!

sega_poke_new.png

お気軽にコメントをどうぞ!