【FF14】野良で初めてレイド零式を踏破した話

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

つい先日、FF14にて万魔殿パンデモニウム零式:辺獄編をなんとかクリアいたしました!
零式自体は以前からやってはいたのですが、モチベや時間の問題で大体2層〜3層までしかやっていなかったので今回初めて零式踏破することができました!

なので初踏破記念(?)として各層の印象や感想を書き留めておこうかなと思います。

1層 エリクトニオス

・初週クリア

ノーマルからギミックがガラッと変わったので割と新鮮な感覚でプレイできたのが良かったですね。
また、新拡張で実装される零式はDPSチェックが緩い傾向があるので特に苦戦することなく練習2セットくらいでクリアできました。

ただ「氷火の侵食」のギミックの特定パターンでMTとD3が入れ替わりで処理をするところだけは、ギミック自体に気持ち悪さというか違和感が拭えないので、開発の想定としてはあそこはどういう意図であのようにしたのかだけ気になりますね。

難易度は極レベルなので零式初挑戦の人でも安定してクリアできると思います!

2層 ヒッポカムポス

・初週クリア

細い通路を使った新しい戦闘スタイルでアイディアとしてはとても面白かったですね。
頭上マーカーが見づらすぎという点を除けば全体としてしっかりギミックが完成されてるなという印象でした。

こちらも難易度は極レベルなので初週に1層2層続けてクリアした方も多いのではないでしょうか!

3層 フェネクス

・3週目クリア

今回の零式で野良プレイヤーが1番地獄を見るのが3層ですね…。
まずパーティ募集の攻略法が乱立しすぎて酷すぎる。
今では2パターンくらいに落ち着いていますが、初期の頃は色んな攻略法が合わさりすぎて10パターンくらいあり本当に頭が痛かったです。

そして次に悩まされるのが消化フェーズに入った今でも安定しない散開ギミックです。
ただでさえ狭いところ散開させられるのに範囲が無駄にでかいせいで他の人と被って死ぬ確率が凄まじいです。

さらにはヒーラーの技量に全員の命が懸けられる「生苦の炎」ですね。
HP1から満タンにしないと確定死という恐ろしいギミックです。
しかしこのギミックは白魔だと全てのアクションを屈指する必要があるのに対し、星占術師はアビリティ1個押すだけで全回復できるというとんでもないジョブ格差がありPTに白魔がいるとクリア出来ないなんつ言われるレベルでした。

個人的に難易度は今回の零式で1番高いと思います。
やはり何回練習しようが絶対安定しない散開ギミックが鬼門です。
あと単純にフィールドの色味が赤すぎて目が痛くなる且つマーカーが見にくすぎるのも難しく感じる要因だと思います。

4層 ヘスペロス

・5週目クリア

3層が辛すぎたのもあり4層は難易度自体は高いですが、練習さえ重ねれば絶対に安定してクリアできるのでそういう意味では精神的にはかなり良かったです。

前半は2層3層でタンクがずっとやってきた線取りを今度はDPSヒーラーもやることになるので、ここで1回躓きましたね。
ただ全体的にギミックはノーマルの応用版で理不尽なギミックは無いので、何回も練習していけば必ず後半に行けると思います。

そして後半戦ですが、2幕や4幕のギミックが全体で見ると非常にややこしそうに見えますが個々の動きは意外と単純なのでとにかく自分の動きさえ覚えておけば大丈夫な感じでした。
意味不明なギミックが無いので、とにかく練習あるのみですね!

元々今回の零式はモチベが全く無く4層やる気は無かったのですが、、1層2層が比較的簡単なのもあってそこから突然モチベが湧いてきて気付けば4層までやっていましたね(笑

ただ今の生活スタイルだと零式攻略がちょっとキツイので次回はどこまでやるかは未定ですね。

   
アジャ
この記事を書いた人

フォートナイト/Apex/FF14/アサシンクリードが大好きマン。

アジャをフォローする
雑記
スポンサーリンク
ゲーブラ

お気軽にコメントをどうぞ!