【ハード編】今月22日発売!SONY次世代機『PS4』をざっと紹介。

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

ps4.jpg

いよいよ今月22日に発売するSONYの最新ハード『PlayStation 4』
○ハード編○ ○ゲームソフト編○ ○できること編○ に分けてご紹介します!

これを読んで、来たる2月22日に備えておきましょう(`・ω・´)


ハード編ということで、まずはPS4本体の外観から見ていきましょう。

ps4_2.png

ひし形のフォルムが特徴的なデザイン。4分割にされたブロックが組み合わさっています。
斜めに傾いているデザインですが、これまで通り縦置きにすることも可能です!

電源ボタンを押すと、直線状に伸びるランプがプレイステーションのブランドカラーである
青色に光るおしゃれ仕様にも注目したいですね(笑) こういう細かい装飾も日本のゲーム機らしい。

また、冷却装置にもソニーが長年培ってきたノウハウが盛り込まれているそうで、
冷却系コスト1ドル辺りの熱処理能力では、PS3(3代目)の次にコストパフォーマンスが高いとのこと。

[参考資料] http://www.famitsu.com/news/201401/17046618.html

続いて、ゲームを操作する上で欠かせない コントローラーを見てみましょう。

ps4_3.jpg

『PlayStation 4』専用コントローラー “DUALSHOCK 4”には、
待ち望まれた人も多いステレオヘッドホン/マイク端子が標準搭載されています。
テレビから離れて遊びたい時にかなり重宝するでしょうね!

DUALSHOCK 4の大きな特徴である『タッチパッド』は、PS Vitaのタッチスクリーンのように
直感的な操作を用いるゲームなどで新化を発揮しそう。早く触ってみたいね。
ちなみに、2点検出式の静電容量方式なので、スマートフォンのような動作もいけちゃいます。

さらに、もう一つの特徴である『シェアボタン』にも注目したいと思います。
既にご存知の方も多いかと思いますが、このボタンを押してちょこっと手順を踏むだけで簡単に
プレイ動画をインターネット上にアップしたり、スクリーンショットをSNSにアップ出来ます。
生主さんや実況プレイヤーさんには、このシェア機能が大いに役に立つと思います!

さりげなく2つのアナログスティックが、指にフィットする形状に変更されてたりもします。

続いて、あまり気にする必要もないですが、本体仕様についても見ていきましょう。
箇条書きで書くと分かり辛いので、みんなが気になるところだけをピックアップしてみました。

○メモリ:8GB
○HDD:500GB

Q.PS4でPS3のディスクは遊べるか
A.遊べない


Q.これまでにPSストアで購入してきたダウンロードゲームは遊べるか
A.遊べない

で す が

クラウド技術を活用した「プレイステーション」のストリーミングゲームサービス
「PlayStation Now」が今夏より、米国でサービス提供開始となります!!

「PlayStation Now」は、PS4・PS3・PS Vita・PS Vita TVで、PS3の膨大なゲームソフトを
ダウンロード時間なしで遊べる
という、クラウド技術を生かした先進的なサービスが利用できます。

残念ながらPS4ではPS3のディスクタイトルは遊べませんが、近々日本でも『~Now』のサービスが
始まると思いますので、一概にPS3のゲームは遊べないというワケではありません!
これからの時代はハードに縛られず、クラウドで下位互換に対応していくケースが増えそうです。

リビングでのエンターテインメント体験が未来へ前進する、PlayStation 4。
ソニーの技術力が惜しみなく盛り込まれた新型ゲーム機を残り2つの記事でご紹介していきます!

sega_poke.png

   
ぽけ
この記事を書いた人

ゲーブラを作った人。早寝早起きが得意。

ぽけをフォローする
ゲーム情報 ゲームコラム
スポンサーリンク
ゲーブラ

お気軽にコメントをどうぞ!