Wii Uロンチ列伝 Part 4 「アサシンクリード3」

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

asakuri_3_1.jpg

12月8日に任天堂から発売される「Wii U」と同時に発売される11本のロンチタイトルを
ゆるめに紹介するコーナー 「Wii Uロンチ列伝」 その4

本日はスタイリッシュ暗殺ゲームの最新作を紹介します!
※正式名にはローマ数字が使われていますが、一部のPCでは表示出来ないので数字表記にしています。



開発に400人以上が携わったアサシンクリード3とは

asakuri_3_3.jpg

18世紀のアメリカを舞台に、男アサシン「コナー」が独立戦争に介入するお話。

本作ではカリブの海戦や豪雪地帯などの、広大なフィールドを駆け巡る
「圧倒的スケール」をウリにしています。ゲームの中で旅の気分を味わえそう!

私はこのシリーズをちょこっと堪能した程度なのでディープな話は出来ないのですが、
簡単に面白さを例えるならば「刹那の見斬り」に近い爽快感を味わえる作品だと考えていますw
(「刹那の見斬り」・・・星のカービィSDXに収録されているサブゲーム)

Wii U版の特徴

asakuri_3_2.jpg

Wii U GamePad側で装備を切り替えたり、全体マップを見ることが出来ます。

ロンチタイトルかつマルチタイトルなので、ハードの特性を生かした遊び方については
物足りない印象を受けますが、あまり2画面を多用するゲームでもないのでこれはこれでいいかな。

画質に関しては、発売後に比較動画などがアップされると思いますが、
PS3版や360版と遜色のないグラフィックが描かれているようです。もしくはそれ以上・・・?

また、t011.orgさんの記事によると、テレビ/GamePad双方での立体視にも対応とのこと!
GamePadへも3D映像を送信することが出来るWii U、化け物マシンとなるのでは。

sega_poke.png

   
ぽけ
この記事を書いた人

ゲーブラを作った人。早寝早起きが得意。

ぽけをフォローする
ゲーム情報
スポンサーリンク
ゲーブラ

お気軽にコメントをどうぞ!