ゲーブラ的スマブラfor3DS/WiiU観光 in アンブラの時計塔

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク



スマブラfor3DS/WiiUに登場するステージを原作と照らし合わせながら観光するこのコーナー。

前回のスーパーマリオメーカーに引き続き今回はベヨネッタです。

 今回は最後の追加ファイターとして話題になったベヨネッタモチーフのステージ、原作では物語の冒頭に登場するアンブラの時計塔をご紹介!

初代はPS3,Xbox360,Wii U、2作目はWii Uで遊べます。

スマブラにはfor3DS/WiiUで初参戦です。


bandicam 2016-02-10 20-31-42-604
bandicam 2016-02-10 20-31-44-477

アンブラの時計塔の落下シーンといえば、初代ベヨネッタの冒頭で登場するあのシーンですね。

落下中に闘うというなんとも非現実的なシチュエーションですが、それがとても強く印象に残るシーンです。
上2枚の画像は原作での冒頭シーンです。

それが、スマブラに登場するとこんな感じ↓
 

HNI_0032

 
見分けが付かないとまでは言いませんが、再現具合としては完璧と言ってもいいほどです。 

原作中でもスマブラ中でも時計塔の欠片や時折、崖の岩片も降ってきます。

HNI_0033

スマブラでは時にはそれが足場となることも。

この足場、すり抜け床になっています。壊れることはありませんが、ゆっくりと動いていて、時間が経つと画面外へ消えていきます。 

 

HNI_0034

背景も変わります。ベヨネッタプレイヤーにはお馴染みのサークルをくぐり抜けるとプルガトリオへ突入。

人間界、魔界、天界の狭間にある空間で、原作中でも基本戦闘はこのプルガトリオ内で行われます。
 この空間は外の世界からは見えませんが、鏡には写りこんだり、匂いや気配は消せません。

 そんなプルガトリオへ突入すると天使たちがお出迎え。ステージギミックとしてステージに乱入してくることはありませんが、ひたすら背景を飛び回ってます。

HNI_0035

 
ちょっとぶっ飛ばしたくはなりますけどね。

HNI_0036

 

こちらもギミックではなく背景出演のみですが、プルガトリオ内では ボスキャラも登場。

このまま、プルガトリオ内を天使たちに絡まれながらしばらく落下し続け、時間が経つとプルガトリオを抜けます。乱闘中はこの繰り返しです。

DSC_0764

 

このアンブラの時計塔、Wii U本体の時計と連動していて、ちゃんと時刻を知ることが出来るみたいですね。
実用性は全くありませんが、細かく作られていますね。


ベヨネッタに関する解説は以前別な記事で行いましたので、そちらもぜひご覧下さい。

スマブラ参戦キャラは何者なのか?「天使を狩る妖艶なアンブラの魔女【ベヨネッタ 篇】」

wakyairoiro_icon.jpg

   
イッキ
この記事を書いた人

任天堂が好きな人。

イッキをフォローする
ゲームコラム
スポンサーリンク
ゲーブラ

お気軽にコメントをどうぞ!